湿板写真ポートレイト

Wet Collodion Portrait

湿板写真はフィルムがまだ存在しなかった1851年にイギリスで発明されました。Wet Plate(湿板)またはWet Collodion(ウェット・コロジオン)と呼ばれ、コロジオンという薬品を使った薬液をガラス板(アンブロタイプ)やアルミ板(ティンタイプ)に塗って「湿った板」で写真を撮ります。日本では、江戸時代末期に上野彦馬が真っ先に湿板写真を習得し、1862年に長崎で日本初の写真館を開業し、坂本龍馬や高杉晋作などのポートレイトを撮影しました。2009年度第10回上野彦馬受賞の写真家であり、「美山フォトスタジオ」のオーナーである森本徹が撮影します。写真は1カット撮影します。その場で見ていただけますが、乾燥とニス塗りがありますので後日、郵送(無料)にてお渡しします。

基本、上半身から上のみ写真に写りますが、お好きな服をお持ち込み下さい。スタジオにて着替えていただけます。写真は鏡のように逆さまに映りますので、文字のある服はお避け下さい。

Lサイズ
¥20,000(税別)
4x5インチ(102x127mm)
2Lサイズ
¥25,000(税別)
5x7インチ(127x178mm)
八切りサイズ
¥30,000(税別)
6 1/4 x8インチ(159x203mm)

Meet Photographers

私たちが撮影します。

Toru Morimoto

兵庫県出身。長年ドキュメンタリー写真家として世界で活躍してきた。近年、プラチナプリントや湿板写真といった古典写真技法で作品を創作する。2020年、彼のプラチナプリント写真集「SHIZEN」がイタリアの出版社から出版される。

Tina Bagué

バルセロナ出身。トラベルフォトグラファーとして世界各国をめぐり、スペインを始めヨーロッパの雑誌で作品を掲載する。2002年から日本を主に撮影する。2011年写真集「JAPAN/日本」を森本徹と共著で出版する。

予約する

撮影は予約制となっております。ご希望の日時を右のお問い合わせフォームのメッセージ欄にご記入下さい。