Toru Morimoto

Photographer

Biography

米国ミズーリ大学院ジャーナリズム学校でフォトジャーナリズム学科在学中にケニア、ナイロビの日刊紙デイリーネーションで報道写真家として働き始める。ニューヨークのマグナムとニューヨークタイムズ紙にてインターンを経験後、コートジボワールのアビジャンに移りフリーランス写真家として西アフリカをカバーする。2004年に拠点をバルセロナに移して以来、ドキュメンタリー写真に力を入れ、世界各地でドキュメンタリー写真プロジェクトを展開している。作品はニューヨークタイム紙、ニューズウィーク、デア・シュピーゲル、タイム誌、ロサンゼルスタイムズ紙、ワシントンポスト紙、インターナショナル・トリビューン紙、デイリーテレグラフ紙、インディペンデント紙、クーリエ・インターナショナルなど主に欧米の媒体に掲載されている。日本では、ニューズウィーク日本版、アエラ、ペン、ナンバーなどに作品が掲載されている。2007年にPOYiで優秀賞、2009年に第10回上野彦馬賞を受賞する。

2004年以降は、拠点をバルセロナに移し、チベット人、バスク、そして近年はカタルーニャといった、国や民族のアイデンティティーをテーマに、ドキュメンタリー写真プロジェクトを展開している。彼のコソボのアルバニア人の写真作品は第10回上野彦馬賞を受賞した。2011年には日本と日本人をテーマにした写真集「JAPAN/日本」を共著でスペインの出版社から出版する。

2020年に日本に帰国し、京都府の山奥の村に拠点を移し、ポラロイドトランスファー、プラチナプリント、湿板写真など様々なオルタナティブプロセスを試みている。

2020年7月、9年間パノラマカメラで撮りため、プラチナプリントに仕上げたシリーズが写真集「SHIZEN」としてイタリアの出版社から出版される。