Portrait

本当に残したい一枚の写真

美山フォトスタジオでのポートレイト撮影では、湿板、ポラロイドトランスファー、ゼラチンシルバーからお選び頂けます。

世界でたった一枚の写真

湿板写真は、フィルムがなかった時代に、ガラス板やアルミ板に液体薬品を塗って湿板(Wet Plate)と呼ばれる感光材料を作って撮影した古典写真技法です。日本では幕末時代に使用され、坂本龍馬などの写真が有名です。暖かいモノトーンと液体薬品によって起こる自然なムラなどが独特の雰囲気を作り出します。すべて手作業ですので、1枚として同じ写真ができることはありません。世界で1枚だけ存在する写真です。

 

ポラロイドカメラでポートレイトを撮影し、和紙に転写プリントします。写真は絵画のような仕上がりになります。すべて手作業のため、一枚として同じ写真が出来ることはありません。また廃盤のポラロイドフィルムを使用するため、現在ネットなどで高額取引されているこのポラロイドフィルムが市場からなくなり次第、このポートレイトセッションは終了となります。歴史的な1枚を残しませんか?

ミュージアムクオリティのモノクロームプリント

中判カメラをつかって、モノクロネガで撮影します。撮影されたネガから手焼きでゼラチンシルバー(銀塩)プリントを作ります。今や廃盤となった貴重で特殊なバライタ紙を使ってレトロ調のプリントに仕上げます。ミュージアムクオリティのプリントですので100年以上色あせることはありません。